コンセント

家造りの後半でプランニングする配線計画。意外と軽視されてしまいがちですが、コンセントの位置や数への不満が出てくると生活に与える影響が意外と大きいだけに、しっかりと暮らしをイメージして不便さを感じることのないようにコンセントを配置しておきたいものです。コンセントが目立つのが嫌だ!という人もいるでしょう。私の友人もその一人でLDKの四隅にコンセントを設けていました。

しかし、掃除機をかける際、コードの挿し口を変えなければならず不便さをもらしていました。LDKの中央に設けておけばスムーズに掃除が行えたのです。我が家もコンセントへの不満が出てきています。それはキッチンの作業スペースの高い位置にコンセントを設けておけばよかったと後悔しています。コンロの足元部分にコンセントを設けているのですが、フードプロセッサーやハンドミキサー、電気ケトルを使用する際、低い位置に設けられたコンセントではコードが届きにくく、これらのキッチン家電が利用しにくいのです。作業スペースの高い位置にコンセントがあればこれらのキッチン家電がスムーズに利用でき、料理の効率も高められたのです。

おススメは、掃除機を収納する収納庫内にコンセントを設けることです。私も業者の人にアドバイスされ必要性を感じていなかったのですが、言われるままにコンセントを設けました。充電式の掃除機を購入し、このコンセントがとても重宝しています。掃除機を収納している状態で充電が行えるからです。これら全て些細なことのようにも感じられますが、生活に与える影響が大きいだけにしっかりと計画して設けておき、コンセントへの不満のない家にしたいものです。

This entry was posted on 月曜日, 5月 14th, 2018 at 2:17 PM and is filed under 住まいの話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.