ニッチ

 壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用するニッチが最近非常に人気となっています。ニッチが人気を高めているのは、スペースに影響しないからです。広さに余裕がある場所はもちろんのこと、広さに余裕のない場所でも気軽に設けることができるのです。しかし、外壁面は断熱材が入るため設けることができなかったり、内壁面においても柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうことがあるのですが、有効に使用できる壁を無駄にすることなく上手にインテリアとして取り入れたり、収納不足の解消に繋げたいものです。我が家の新居にもできるだけこのニッチを設けてもらしました。中でもトイレに設けたニッチ収納は非常に重宝しています。トイレは、広さに限りのある空間です。しかし、トイレットペーパーやサニタリー用品、トイレの掃除用具などトイレ内で収納しておきたいものも意外と多いです。これらを収納する収納家具を設置すると、トイレがより狭く、窮屈な印象を与えてしまうのですが、壁の厚みを利用して収納スペースを確保することで、スッキリとした印象を保ったまま必要な物を収納することができるのです。物の出し入れをすることを考慮して、取り出しやすい位置や高さに注意しました。また、中に収納する物は目に触れると生活感を与えてしまうため、ニッチの前にはクロスと同じ色の扉を設けました。しっかりと隠すことができていますし、クロスと同じ色の扉にしたことで空間に馴染んでいます。壁の厚みを上手に活用するようにしましょう。

This entry was posted on 木曜日, 3月 12th, 2020 at 11:46 AM and is filed under 住まいの話, 新築の話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.